着物姿の女性を見ると「素敵だな…」とは感じるものの、なかなか着る機会がないのが現実。学生さんなどの若い世代であれば、成人式や卒業式があるくらいですよね。成人式に着る着物と言えば振袖ですが、この振袖を卒業式の袴に合わせて着てもいいのでしょうか?今回は、その点を詳しくご紹介します。

 

振袖には「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類がある!

「振袖」と聞いて、いちばん最初にイメージするのは、成人式で女の子たちが纏っている華やかな晴れ着ではないでしょうか。確かにそれは振袖で間違いないのですが、実は振袖には種類があります。それぞれ袖丈の長さが違うのが特徴で、長いものから「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類に分けられ、袖丈の長いものほど格が高くなります。

大振袖は袖丈が114cm前後あり、昔から婚礼衣装の定番とされてきました。現代でも、お色直しの衣装としてよく着用されています。

中振袖の袖丈は100cm前後で、成人式の晴れ着として着用されているものが、この中振袖になります。成人式で着られるのが定番ですが、結婚式のお呼ばれや改まったパーティーや式典への出席、結納の場面などにも適しています。

小振袖は「二尺袖」と呼ばれることがあり、その名の通り袖丈は76cm前後(=二尺)です。袖丈が短く作られているぶん、他の振袖よりは可愛らしい雰囲気で、軽くて動きやすいのが特徴です。レンタル衣装では、この小振袖と袴を合わせたものを卒業袴としているケースが主流です。

振り袖の種類

 

 

卒業式の袴に合わせる着物に決まりはあるの

今では女子学生が着る卒業式の衣装として定番化している袴ですが、もともとは明治期に学校の制服として作られたものです。また、その由来は宮中の女官服にあり、動きやすいという機能面ばかりでなく、優美さと礼容を兼ね備えている点からも、学問の場にふさわしいきちんとした身なりとして定着していった経緯があります。

袴に合わせる着物には、特に決まりごとはないという見解が多くを占めますが、未婚女性の第一礼装である振袖と袴を合わせることは、その由来や経緯から見てもふさわしい組み合わせと言えるのではないでしょうか。

袖丈が長いぶん柄の入った面積が多く、豪華な印象になる中振袖も、コンパクトな袖が軽やかで、若々しく愛らしい印象になる小振袖も、どちらを合わせても素敵な袴姿になることは間違いありません。成人式用に中振袖を購入した人は、それを活かしたコーディネートを考えてみるのも楽しいかも知れませんね♪

中振袖と小振袖のイメージの違い

 

 

袴に「中振袖」を合わせる場の注意点は

袴に合わせるのは、中振袖でも小振袖でもどちらでも素敵ですが、中振袖の場合は少しだけ注意点があります。袖丈が長いため、見栄えはとっても豪華なのですが、袖を地面に引きずってしまったり、踏んでしまったりしやすいので、立ち居振る舞いに十分な注意が必要です。また身丈も長いので、おはしょりの始末などが少々難しく、着付けの際には慣れている人に対応してもらう必要があるでしょう。

当然、着姿にも長い袖丈が影響してくるので、身長がかなり低めの人の場合、袴と中振袖の組み合わせはバランスが取りづらいかもしれません。足元を草履にするか、ブーツにするかでも変わってくるので、ご自身のコーディネートとそのバランスを見ながら検討してみてください。

 

 

「中振袖」を合わせた袴スタイルはこんな感じ!

長い袖に華やかな色柄が描かれた中振袖の袴スタイルは、何と言ってもゴージャスな見栄えがその魅力!みんなのコーディネートをあなたの卒業袴スタイルの参考にしてみてくださいね!

中振袖の袴スタイル01 中振袖の袴スタイル02

中振袖の袴スタイル03 中振袖の袴スタイル04

 

その他の中振袖と合わせた袴スタイルを見る>