慣れない袴で過ごす一日は、洋服と勝手が違うことがいっぱい。普段なら何も気に留めないような所作が着崩れの原因になってしまうことも…。でも、注意点を知っておけば大丈夫!シーンごとのポイントをご紹介します。

 

いすに座るときはどうするの?

卒業式当日は、いすに座って過ごす時間が多くなりますね。袴姿の場合、普段通りの座り方をすると着崩れを起こす場合があるので、座るときのポイントを押さえておきましょう。
腰掛けるときには、袴の両脇から手を後ろに入れて、袴を少し持ち上げながら座ります。持ち上げないで座ると、重みで袴が引っ張られたり、後ろのふくらみがつぶれたりして、着崩れの原因になります。
また、背もたれに寄り掛からず、浅く腰掛けることを意識しましょう。腰を下ろしたら、着物の両側の袖を引きずらないように重ねてたたみ、ひざの上に置きます。背筋をぴんと伸ばして、両足は広げずそろえて座ると上品な印象に見えます。

01     02     03

 

階段の上り下りのポイントは?

袴は裾が長いので、階段の上り下りには注意が必要です。
上るときには前の袴が階段につかないように、袴の両脇から手を入れて、前を浮かせるようにしましょう。袴を浮かせないまま上ると、前の裾を踏んで転んでしまったり、着崩れたりしてしまいます。
下りるときは、後ろの裾を注意します。視界に入らないので、上がるときよりさらに慎重に。袴の両脇から手を入れ、お尻のあたりをふんわりと持ち上げましょう。そうすると、裾を踏まずに上手に下りられます。慌てず、ゆったりとした動作を意識したいですね。

04       05

 

車の乗り降りで気を付けることは?

移動に車を使うこともありますね。乗り方が悪いと、品のない印象になるだけでなく、帯をつぶしたり、裾が引っ張られたりして着崩れの原因に。
車に乗るときは、まず荷物を車中に入れましょう。そして、座るときと同様に袴の両脇から手を後ろ側に入れ、裾を少し持ち上げたままお尻から体を入れます。座席に腰かけたら、今度は袴の両側から手を前側に入れて裾を軽く持ち上げます。着物の袖はひざの上に置き、体を座席側に90度回転させて、最後に足を入れるとスムーズです。ドアに袴を挟まないよう気を付けましょう。
車内では、帯をつぶさないように、シートにもたれず浅く腰掛けて。前の座席をつかんで体を支えるようにすると安定します。

06       07

08       09

 

トイレで失敗しないためには?

袴を着てからトイレに行きたくなったらどうしよう? そんな心配をされる方も多いのではないでしょうか。卒業式で着用される袴の多くは、行灯袴といって、股のないスカート式がほとんど。ロングスカートを着ているような感覚でトイレを利用できます。和式よりも洋式の方が動作がラクに済むので、できるだけ洋式を選びたいですね。
トイレを利用するときは、まず着物の両袖を帯と袴の間に挟むようにします。終わったら挟んでいた袖を戻し、袴の前後がずれていないか確認してください。手を洗うときは、袖口を濡らさないように要注意。鏡で後ろ姿もチェックしましょう。
慣れない和装ですので、慌てないように余裕を持ってトイレに行くように心掛けましょう。

10         11